ドナルド・リッチャー * チェロ

* Donald LITCER *
Violoncellist

donald.jpg
W.ストッキング、S.ケイツにチェロを学んだ後にジュリアード音楽院で
L.マンロウに師事、同音楽院の学士号を得ている。
また在学中にはF.ガリミア、J.ローウェンザール、T.アペル、及び
ジュリアード弦楽四重奏のメンバーらに室内楽を学ぶ。
在学中首席チェリストとしてジュリアード管弦楽団、ジュリアードシンフォニー、クィーンズフィルハーモニック、マンハッタンヴィルトゥオージ、マンハッタン室内オーケストラ、及びアブソリュートアンサンブルで演奏、録音活動を行ってきた。また、ウォータールーフェスティバル、アスペン音楽祭、パシフィックミュージックフェスティバル、The Music Academy of the Westなど数々のサマーフェスティバルに招かれ演奏を行う。
来日前にはニューヨークフィルハーモニックのエキストラ奏者として
約2年間演奏し、同オーケストラの150周年記念ヨーロッパツアーに
参加した。
1997年より京都市交響楽団のチェロ奏者をつとめる傍ら、日本各地で
室内楽、コンチェルトのソリスト等演奏活動を行い、2008年には
田中千香士指揮、ちかしアンサンブルの首席チェリストもつとめた。



iPad操作性改善用暫定コード(ver1.0.0.121220)